輸入・輸入代行のことなら、貿易のスペシャリスト「Y.マルヤマ株式会社」
「より低価格な海外商品」、「日本で見かけない海外商品」の輸入を検討している企業様へ
JapaneseEnglishChinese
御社の希望商品をノーリスク&ローコストで輸入できる画期的な輸入貿易システム
「煩雑な輸入手続きや交渉」「品質管理」「支払いトラブル」などの輸入リスクは発生しません!
  We like to oblige all customers by importing profitable merchandise from all over the world, which will make also the consumers happy for the quality and prices.  
HOME初めての方へリンク集個人情報保護方針お問い合せサイトマップ

初めての方へ
Y.マルヤマとは
ここが違います!
輸入貿易「5つの特長」
業務内容
輸入アウトソーシング
輸入サポート
日本向けパッケージデザイン・取扱説明書制作
業務内容に関する
Q&A
実 績
貿易事例
輸入商品の一例
お客様の声
輸入貿易のノウハウ
輸入貿易のイロハ<1>
輸入貿易のイロハ<2>
輸入貿易の流れ
輸入貿易を成功させる
12ケ条
これだけ違う!
「輸入コスト」
初めて輸入貿易を行う企業様へアドバイス
輸入貿易で失敗した企業様へアドバイス<1>
輸入貿易で失敗した企業様のアドバイス<2>
輸入貿易失敗談
輸入貿易Q&A
貿易コラム
会社案内
会社概要
丸山征夫プロフィール
リンク集
お問い合わせ
HOME

丸山征夫のブログ 海外からの売込情報も時折載せてます

Y.マルヤマ株式会社

〒955-0031
新潟県三条市
松ノ木町8番39号
TEL 0256-31-5880
FAX 0256-39-3880
e-mail
info@y-maruyama.co.jp

輸入貿易Q&A
輸入貿易に関する質問にお答えいたします。


Q1 外国製品を輸入するには相当沢山注文するのでしょうね?また、どの位の数量を一度に輸入するのですか?
Q2 外国の見本市に年数回行き、取引先を決めています。この場合、相手の顔や応対が見えるので、ある程度安心です。インターネットで取引先を探す場合は、顔が見えないため不安です。この際、取引先を決めるポイントなどありますか?
Q3 届いた商品に欠点があった場合、クレームできますか?
Q4 高額商品を輸入していますが、サンプル代だけでもかなりの金額になります。サンプル代の支払いは先払いでおこなうつもりです。やはり信用状の方が良いでしょうか?
Q5 輸入禁止品について教えてください。
Q6 税関で抜き打ち検査があると聞きました。どのようなことをおこなうのですか?


Q1 外国製品を輸入するには相当沢山注文するのでしょうね?
また、どの位の数量を一度に輸入するのですか?
一概に言えないのですが、ごく少ない場合で20〜30万円位の場合もあります。
一般的にこの位だと少なすぎて輸出者に断られる場合があります。
通常、1万〜2万ドル位ですね。


Q2 外国の見本市に年数回行き、取引先を決めています。この場合、相手の顔や応対が見えるので、ある程度安心です。
インターネットで取引先を探す場合は、顔が見えないため不安です。
この際、取引先を決めるポイントなどありますか?
まず住所はどんな所か、何とかマンション3号室などだったら小さい会社と思わねばなりません。
また会社と同じ名前のビルに事務所があるなら、大きい会社でしょう。
「通信で文章がうまいか下手か」、「返事は早いか遅いか」、「その商品を良く知っているか」、「約束に遅れたら謝罪するか」、「その人が不在のときは別の人が代わって返事をくれるか」、「見本発送は丁寧か」、「印刷物(手紙の用紙、送り状、封筒、ファクス用紙、カタログ、会社案内、見本に付けるステッカー)」などから、どの程度の貿易をしているか判断できます。

必要とあらば、外国であっても興信所に調査依頼もできます。


Q3 届いた商品に欠点があった場合、クレームできますか?
クレームが付かないように配慮しても、問題が起きることがあります。
欠点があれば、もちろんクレームできます。
お客様が弊社を売主として売買をされた場合(輸入アウトソーシング)は弊社が責任を負います。
お客様が海外の売主と直接取引をし、弊社がお手伝いさせて頂いている場合(輸入サポート)は
クレーム処理にも最善の協力をさせて頂きます。
しかし品物が届いてからすぐでなければクレームを付けて補償を取るのが難しくなります。


Q4 高額商品を輸入していますが、サンプル代だけでもかなりの金額になります。
サンプル代の支払いは先払いでおこなうつもりです。やはり信用状の方が良いでしょうか?
それは信用状のほうが良いです。

相手が詐欺をするつもりで、書類は正しく作り、違う商品を積んでしまうケースがあります。
信用状であれば、このようなケースや万一納期遅れがあった場合は支払いをしなくて済みますので、信用状をおすすめします。


Q5 輸入禁止品について教えてください。
輸入禁止品というのは、
1. あへん、コカイン、ヘロインなどの麻薬、大麻、あへん吸煙具、覚せい剤 (覚せい剤原料を含有するヴィックスインヘラーなども含まれます)。
2. けん銃等の銃砲及びこれらの銃砲弾及びけん銃の部品。
3. 通貨又は証券の偽造品、変造品、模造品(例えば、ニセ金貨など) 。
4. 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品(わいせつ 雑誌、わいせつビデオテープ、わいせつCD・ROMなど)
5. 偽ブランド商品など知的財産権(商標権、著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、意匠権及び回路配置利用権)を侵害する物品。
6. 家畜伝染病予防法と植物防疫法で定める特定の動物とその動物を原料とする製品、植物とその包装物。
などがあります。
 なお、禁止品であってもチャンとした理由があり、国に申請し了解取れれば許可される場合もあります。


Q6 税関で抜き打ち検査があると聞きました。どのようなことをおこなうのですか?
税関は上記の輸入禁止品や輸入制限品、輸入数量、金額などを書類と比べて、差異の有無を調べます。
X線で調べて、更にコンテナを開け、さらにダンボールを開け、商品を分解する場合もあります。
「輸入」、「貿易」に関するお問い合せは、お電話でも承っております。

Copyright (c) Y. Maruyama & Co., Ltd. All rights reserved.