輸入・輸入代行のことなら、貿易のスペシャリスト「Y.マルヤマ株式会社」
「より低価格な海外商品」、「日本で見かけない海外商品」の輸入を検討している企業様へ
JapaneseEnglishChinese
御社の希望商品をノーリスク&ローコストで輸入できる画期的な輸入貿易システム
「煩雑な輸入手続きや交渉」「品質管理」「支払いトラブル」などの輸入リスクは発生しません!
  We like to oblige all customers by importing profitable merchandise from all over the world, which will make also the consumers happy for the quality and prices.  
HOME初めての方へリンク集個人情報保護方針お問い合せサイトマップ

初めての方へ
Y.マルヤマとは
ここが違います!
輸入貿易「5つの特長」
業務内容
輸入アウトソーシング
輸入サポート
日本向けパッケージデザイン・取扱説明書制作
業務内容に関する
Q&A
実 績
貿易事例
輸入商品の一例
お客様の声
輸入貿易のノウハウ
輸入貿易のイロハ<1>
輸入貿易のイロハ<2>
輸入貿易の流れ
輸入貿易を成功させる
12ケ条
これだけ違う!
「輸入コスト」
初めて輸入貿易を行う企業様へアドバイス
輸入貿易で失敗した企業様へアドバイス<1>
輸入貿易で失敗した企業様のアドバイス<2>
輸入貿易失敗談
輸入貿易Q&A
貿易コラム
会社案内
会社概要
丸山征夫プロフィール
リンク集
お問い合わせ
HOME

丸山征夫のブログ 海外からの売込情報も時折載せてます

Y.マルヤマ株式会社

〒955-0031
新潟県三条市
松ノ木町8番39号
TEL 0256-31-5880
FAX 0256-39-3880
e-mail
info@y-maruyama.co.jp

輸入貿易で失敗した企業様へアドバイス<1>
失敗には原因があります。手続きをきちんとおこなうことが大切です。

失敗の原因は、自社にあると思ってください。
反省しない人は、再び失敗します。

イメージ外国は遠いし、相手の顔は見えません。
「人を見たらドロボーと思え、疑ってかかれ」とまでは言いませんが、外国に出掛けて行って実際に仕入先を訪問するのが一番確実です。
そうでなければ、メールや電話のやり取りで、相手の素性や性格を判断する以外に方法はありません。

しかし、これには経験が必要です。
また、仕入先がよく要求してくるのが、「支払いは前金」とか「半分前金」、「残りは船積み直前」にとか…、絶対に、これらに乗ってはいけません。
前払いだと後から文句は何一つ聞いてくれない場合があり、大変危険です。
仕入先にしてみれば、日本は遠い海の先。

お金を支払ってくれるかどうか心配なので、ついつい前金と言うのかもしれませんが、通常の国際取引には信用状というものがあります。
それを利用すれば、お互いのリスクは減ります。
なかには、それでもなお言い続ける輸出企業もあります。
なぜならば、「銀行の手数料が高いので、信用状での取引はやりたくない」云々・・・。
何年も取引をして、お互いに良く知っていても信用状での決済が一番安全です。


見本を見て変更してもらいたい箇所があるのなら、
変更後の最終見本を見てから「信用状」を開設すべきです。

最終見本を見ないで信用状を開設すれば、相手がもしお金に困っていれば商品の改善をしな
いで船に積んでお金を取ってしまうおそれがあります。
いったん「信用状」を開くと取り消しができません。

Aという商品を注文したのに、相手がBという商品を積んでしまい、発行した信用状を使われてしまえばアウトです。
詐欺だと訴えても、判決が出るまでの時間と費用が無駄になります。
中国との取引の多くは、「紛争があった場合の裁判は中国国内で」との条件が付いており、「嫌だ!」と言えば、ほとんどの場合取引ができません。

それゆえに相手の信用調査が大切なのは言うまでもありません。

「輸入」、「貿易」に関するお問い合せは、お電話でも承っております。

Copyright (c) Y. Maruyama & Co., Ltd. All rights reserved.